Blog

羨ましいですね~

RCCおはようラジオより~
今日の数字クイズ:「62ポンド(約8300円)」-イギリスでの話。ちなみに日本では一式5万円以上というケースも珍しくありません。デザイン上細かな規定がないことからどの店でも販売ができることから価格競争が起き、安く購入できるとのこと。何の値段?
正解は・・・「制服」でした。イギリスでは学校制服に細かなデザインが定められておらず、どこでも買えるため価格競争が起き、結果日本に比べるとかなり安く購入できるそうです。ちなみにロンドンの老舗デパートでは、半袖ポロが2枚で670円、シャツが2枚で2010円、最も値が張るブレザーでも3400円余りで買うことができます。着まわすために2セット買っても124ポンド(16600円ほど)。もちろん日本のように学校指定のものもありますが、それでも一式1万4千円、体育着セットとあわせても2万2千円程度とかなり安く買えるとのこと。(朝日新聞)
日本では学校指定の制服高いですよね~これに体操服、水着、靴などあるので大変です
それに子供はどんどん大きくなるので制服も何回か買い替えないと小さくなるし
そして制服のデザインが変わると、兄弟や近所の人との間での着回しもできないし
それに日本では「この学校の制服が着たい」と学校を選ぶ例もありますよね
学校だけでなく企業もそうです 
「この制服が着たいから、この仕事に就きたい」と人材確保に一役かう場合もあります
介護業界もこの手は使えないでしょうか??(笑)
日本では、実際に制服などにどれくらいの費用がかかっているのか全国的な統計すらないので、安く買えるように改善に向けての動きもとれないようです
制服に関係する企業にとっては死活問題でしょうが
そしてそんな企業も、少子化に向けて、制服だけでない、生き残る道を模索していますよね
介護の業界も制服が多いですね
デザインは以前に比べてちょっとおしゃれになってきましたが
これもまた高いですよね~
そしてすぐに痛んだりします
日本もイギリスみたいに合理的になれば良いのに~と思うのは自分だけでしょうか??

野村病院デイサービスセンターぎおん 梶本